中国へ海外旅行にもっていきたいクレジットカードおすすめ比較!

【海外旅行@中国】クレジットカード徹底比較!中国旅行にクレジットカードをもっていかないと後悔する理由

後悔

日本ではクレジットカードをお店にもっていけば現金をもっていかなくても決済できますよね?

 

これは中国に行ってからも同じで、支払うお店がクレジットカードのブランド、例えばVISAやMASTER CARDなどが対応していれば、現金を持っていかなくてもその場で中国の通貨「元」で決済をする事ができます。

 

またそれだけではなく、中国へ海外旅行に行ってからいざという時に色々と助けになる特典がついていたりします。

 

この特典を知らずにクレジットカードを持たないで中国へ海外旅行に行ってしまうと、トラブルに合った時ものすごく後悔する事になります。

 

考えてみてください。

 

あなたが中国旅行を楽しんでいる時にもしも・・・

 

  • 財布を盗まれてしまったら?
  • 食事が合わなくて突然病気になって診察や入院をしなければならなかったら?

 

もしクレジットカードを作成しておらず、上記のようなトラブルに合ったりすると全て自力で解決しなくてはなりません。

 

しかし、クレジットカードを作成しておけば、これらの問題はほぼ全て作成先のクレジットカード会社や提携会社が解決してくれます。

 

いざという時、「作っておけばよかった・・・」とならないように中国へ旅立つ前にしっかりと備えておきましょう。


【当サイトおすすめ!】中国への海外旅行でいざという時に助けになる安心のクレジットカード比較

【セディナゴールドカード】

セディナのゴールドカード

 

ゴールドカードは年会費10000円以上が普通なのにセディナは年間6000円のリーズナブルな年会費!
海外旅行傷害保険が2000万まで補償!旅費をクレジットカードで支払うなどの利用条件を満たすと最高1億円補償
いざという時に日本語で電話サポートしてくれる海外デスク付き!

 

セディナのゴールドカード

 

 

中国旅行へ行く時は食べ物や飲み物に注意!@クレジットカード比較!

水

日本では特に気にせず公園のお水やお祭りの屋台などで飲食をするかと思いますが、中国ではそうはいきません。

 

中国は衛生面にそこまで徹底管理されていないので何の用人もせずに飲食をすると簡単にお腹を下したり、最悪胃腸炎になって地獄を見ることになります。

 

出店などの屋台や水道水は特に気を付けなければならない

水道水は中国人でさえそのまま飲む事はなく、一旦煮沸して不純物を沈殿させてから飲むのが一般的なんです。

 

煮沸すると沈殿するくらいの不純物があるなんて日本では考えられないと思いますが、それだけ中国の水道水は日本に比べて安全ではありません。

 

なので、日本人が知らずに水道水をそのまま飲んでしまうと高い確率で体調を崩してしまいます。

 

また、屋台などの出店も注意が必要です。
屋台で使われる水は多くの場合水道水を使用していて、煮沸してない可能性が非常に高いんです。

 

中国人はなんでも”熱を通せば大丈夫”という認識が強いです。
だから料理で熱するから煮沸なんて不要という考えの屋台が多いので、水道水を生で飲むよりかは体調を崩す確率は低いですが、胃腸が弱い方は注意が必要です。

 

どうしても心配ならミネラルウォーターを利用して屋台は避ける。

中国の屋台は観光名所という部分もありますので利用できるならしたいですが、胃腸が弱いなど心配なら避けた方がいいですね。

 

きっとその屋台が問題なくても心配しすぎるとメンタル的にやられてお腹を下してしまうなんていう事もありますし。

 

中国にもコンビニやスーパー等ありますし、もっと安心したいのならローソンやファミリーマート、セブンイレブンなど大手日系コンビニチェーン店もあるのでそこで飲料水や食品を購入すれば安心ですね。

 

どんなに気を付けていても体調を崩す時は崩す。

やはり中国旅行はどんなに気を付けていても慣れない気候や食事などで体調を崩してしまう事があります。
軽度のものなら安静にしていれば治るかもしれませんが、もし拗らせたり重度な病気になってしまうと病院にいかなければなりません。

 

関連記事:中国旅行には突然の病気に注意!注意しなければいけない病気とは?

 

そんな時にクレジットカードの特典である海外旅行保険が生きてきます。
これがあるのとないのとでは中国旅行の安心感が違います。
この海外旅行保険について詳しく説明いたしますので中国旅行で後悔しない為にも参考にしてください。


【備え1】クレジットカードを海外旅行保険で比較!海外旅行保険があれば中国で突然体調を崩しても安心!

体調悪い

中国では保険が適用されないから治療費が高額になる事も・・・

中国滞在中に食べ物にあたってひどい腹痛になやまされたり、慣れない気候で体調を崩したりして病院にいけば当然日本の国民保険や社会保険などの保険が適用されませんので高額な治療費になってしまう場合があります。

 

そんな時に頼りになるのがクレジットカードの海外旅行保険です。

 

海外旅行保険とは、中国で突然病気や怪我をしたりして通院、もしくは入院しなくてはならない場合や賠償責任に問われた場合、または最悪死亡したり後遺症障害になった時に、その費用を補償金額内でしたら負担してくれるクレジットカードの特典です。

 

中国の旅行保険はどこまで補償してくれるのか?

海外旅行保険が補償してくれる項目は下記の通りです。

 

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

 

例えば中国旅行のトラブルで一番多い窃盗被害なんかの時は携行品損害か動産総合補償というのが適用されますし、食事や気候が原因での病気は疾病治療費用が適用されます。

 

項目やクレジットカード会社によって補償額が違ってきますのでクレジットカードを作成前にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

中国旅行保険の補償金額は2つの種類があるので注意!

 

海外旅行保険の補償金額の種類は自動付帯と利用付帯の2種類があってさらにクレジットカード会社毎に補償額も違います。

 

この2つの違いを知っておかないと例えば中国で食品や飲料水にあたって体調を崩して病院にいって、中国旅行保険を利用しようと思ったのに補償を受けられなかったなんて事になりかねないのでしっかりとここで確認しておきましょう。

 

 

【クレジットカードの中国旅行保険】自動付帯とは??

自動付帯とは特に条件等なく、クレジットカードを持ってさえいれば何かあった時に補償されるサービスです。

 

例えば”傷害治療費用自動付帯300万円”となっていれば中国で怪我をして通院したとしても300万円までは補償してくれるという事です。

 

 

 

【クレジットカードの海外旅行保険】利用付帯とは??

利用付帯とは、作成先のクレジットカード会社からの条件を満たす事で得られるサービスになります。

 

例えば”傷害治療費用利用付帯100万円”となっていれば、条件さえ満たせば自動付帯とは別に、100万円の補償を受けられるという事です。

 

つまり自動付帯と利用付帯合わせて400万円の補償額が適用されるという事になります。

 

中国での医療費は日本の国民保険が適用されませんのでかなり高くなります。

 

救急車は日本では無料ですが、中国だと4500円かかりますし、初診料も日本では2700円ですが、中国ですと為替レートによりますが約9800円かかります。

 

これで重大な怪我や病気になって入院しなければならないとなると最悪数百万円かかってしまいます。

 

これが自動付帯で賄えればいいですが、もし賄えないと差額分は支払わなければいけません。

 

しかし、これほどの数百万単位の医療費がかかるほどの例は稀ですので基本的に自動付帯で賄えてしまいますが、もし心配でしたら利用付帯を有効にしておく事をおすすめします。

 

 

利用付帯に関する条件や補償額はクレジットカード会社によって違います。

 

利用付帯の条件は公共機関の交通網や民間のホテルの宿泊料金をクレジットカードで支払いすればOKという会社もあれば、クレジットカード会社が提案しているツアーで行けばOKという会社もあります。

 

なので利用付帯が適用される条件や各補償額などは作成予定のクレジットカード会社のカード詳細で必ず調べておきましょう。

 

ちなみに当サイトで紹介しているセディナのクレジットカードは旅行に行く際の交通機関や宿泊料金をクレジットカードで支払えば利用付帯の条件を満たす事ができます。

 

補償額も十分すぎるぐらいありますね。

 

保険項目

自動付帯

利用付帯

傷害死亡・後遺障害

2000万円

8000万円

傷害治療費用

(1事故の限度額)

300万円

100万円

疾病治療費用

(1疾病の限度額)

300万円

100万円

賠償責任

(1事故の限度額)

5000万円

1000万円

携行品損害

(1旅行かつ1年間の限度額)

50万円(※自己負担3000円)

10万円

救援者費用

(1年間の限度額)

500万円

100万円

 

 

クレジットカードの海外旅行保険が助けてくれた私のエピソード。

助かった

 

中国で食あたりにあい嘔吐下痢が止まらず死にそうになった苦い思い出・・・

 

私が社会人になってすぐに単身中国香港に2泊3日で旅行に行った時の話です。

 

香港と言えば深夜屋台が有名ですが、その深夜屋台でだされた海鮮料理が当たってしまってホテルで嘔吐下痢のオンパレード・・・

 

これには本当に参りました。

 

中国語は話せないし、病院なんて調べてなかったですから・・・

 

しかし、中国へくる前にセディナのクレジットカードを作成していてコンシェルジュサービスがあるのを知っていたのですぐさま電話。

 

日本人のオペレーターがホテルから近い日本語OKの病院を探してくれて手配してくれました。

 

そこでついでにクレジットカードに付帯されている海外旅行保険を病院側に申請してくれて、結局診察と薬代で7万ちょっとの請求だったのですが、保険会社が立て替えてくれたので支払わずに済みました。

 

この事件をきっかけに海外旅行保険はマジで必要だと心の底に刻みこまれました。

 

もし、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを作らずに中国にきていたらと思うとぞっとします。

 

なんせ7万円をその場で支払わなければいけなかったし、最悪現金が不足していたら治療拒否もされるそうです。
(そもそも病院の場所も知らなかったのでコンシェルジュサービスがなかったらヤバかった・・・)

 

あなたも中国へ海外旅行するなら本当に万が一の時の為、海外旅行保険付帯のクレジットカードを作っておく事を心からおすすめします。

 

 

【海外旅行保険が充実しているセディナのクレジットカード】

セディナのゴールドカード


【備え2】中国で買ったお土産が盗難されても無問題!クレジットカードの安心のショッピング保険!

窃盗

ショッピング保険って何?

クレジットカードには海外旅行保険の一つでショッピング保険というのが付帯できます。
海外旅行保険の動産総合の項目です。

 

この保険は例えば中国で買った商品などが破損したり盗まれたりすると適用される保険になります。

 

中国で合いやすいトラブルで一番多いのは窃盗被害です。

 

自分に限ってそんな事はおこらないと思っていると痛い目をみてしまいます。

 

もしショッピング保険が付帯したクレジットカードで購入してないと、置き引きなど窃盗に合えばまず商品は返ってきませんし、もちろん補償もされません。

 

しかし、ショッピング保険を付帯していれば窃盗被害にあっても、その商品がクレジットカードで支払われていれば補償されます。

 

中国でひったくりや置き引きに注意!

中国では観光客を狙った自転車やバイクなど使ったひったくりや、食事中に自分の隣にバッグを置いておいたらいつの間にか無かったという置き引き被害が多く報告されています。

 

特に日本は治安が良い為に危機管理意識が低いのか恰好のターゲットにされている事が多いです。

 

その為、街を出歩く時は鞄などはしっかり閉じてショルダーバッグのように盗られにくい構造をした物を持ちあるいた方がいいでしょう。

 

また、ポケットにも現金やスマホなど入れる時は注意しましょう。

 

中国は人口が多く、とにかく街に出れば人混みです。そんな人混みにのまれるとポケットの中まで意識が回らず気付いたら財布が無かったという事になってしまいます。

 

お土産など中国で購入したらすぐにホテルへいって預けておくのがいいですね。

 

中国で盗難被害にあってもクレジットカードの海外旅行保険が助けてくれる。

もしも中国で盗難被害にあっても海外旅行保険付のクレジットカードを作成していれば損失は最少で済みます。

 

自分は大丈夫という過信で後々後悔をしないようにしっかり備えておきましょう。

 

関連記事:中国で実際に起きたクレジットカード関係の被害とは?

 

【注意!】ショッピング保険といっても全額補償ではありません。

ただ、注意しなければならないのがショッピング保険といっても全額補償ではありません。
各クレジットカード会社にもよりますが自己負担しなければならない金額があります。

 

当サイトで紹介しているセディナのクレジットカードは自己負担額が3000円で他と比べるとかなり安いです。
※他のクレジットカードだと大体1万円の自己負担額です。

 

それでも全然返ってこないよりはマシですのでショッピング保険は付帯した方がいいですね。

 

ショッピング保険対象外になる商品や条件もあるのでチェックしておこう!

ショッピング保険には補償の対象外になる商品や条件があります。

 

まずはショッピング保険の対象外の商品を確認しましょう。下記一覧をご覧ください。

 

  • 船舶、航空機、自動車など乗り物全般とそれらの付属品
  • 携帯式電子機器(スマホや、ノート型パソコン等)とそれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡その他これらに類するもの
  • 動物および植物
  • 現金、手形、小切手、その他の有価証券、食料品
  • コンピュータ用の記録媒体に記録されているプログラム、データ等
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに準ずるもの
  • 書画、骨董、彫刻物、その他の美術品
  • 不動産および不動産に準ずるもの
  • 会員が従事する職業上の商品となるもの
  • ギフトカードで購入した商品
  • 他人より委託されて購入した商品

 

 

結構たくさんあるように見えますが、基本的に、

 

  1. 非常に高額な物
  2. データーなど物が無くて返品等困難な物
  3. 美術品などの価値が人によって左右する物

 

 

この3タイプになります。
この3タイプに当てはまらなければ殆どが補償されます。

 

 

 

ショッピング保険が対象外な条件とは?

次にショッピング保険が適用されない条件もあるので確認しておきましょう。

 

  • 輸送や配送途中の破損
  • 間違った使い方をしての故障、破損
  • 詐欺等の窃盗ではない犯罪
  • 地震などの自然災害での破損
  • 自己の重大な過失による破損、紛失

 

地震などの自然災害などは別にして基本的に盗まれたり、他人がぶつかってきて破損したみたいな自分ではどうしようも無い状況で破損、紛失した場合以外は対象にならないと思っていれば大丈夫です。

 

例えば中国から日本へお土産を発送したとして、これが紛失、破損された場合はショッピング保険は適用されません。

 

何故ならこれは他責であっても輸送会社のミスなのであって損害は輸送会社が責任をとるべきだとされてるからです。

 

なのでもし、追跡や補償をつけないで中国から日本へ輸送して紛失や破損が起こった場合は、自己責任という形になり補償されません。

 

中国の郵便事情は決して良いものではないので中国から日本へお土産等、物を送る時は注意しましょう。

 

 

ショッピング保険は適用期間(有効期限)があるので確認しておこう!

ショッピング保険の適用期間(有効期限)はクレジットード会社にもよりますが大体90日以内で設定されています。
要するに、商品を購入、もしくは配送品が到着してから90日以内なら何かあった場合でも補償するよという期間の事です。

 

 

ショッピング保険の申請は約30日以内。

 

中国は人口が多い為か繁華街なんかは常に人混みです。

 

しかも交通マナーもあまりなっていないため、歩いてる自分の横を自転車やバイクが通ったりします。

 

その際に避けた拍子にお土産を落として破損したり、人とぶつかって破損したりした場合はその日から30日以内に申請しましょう。

 

また、申請の際には購入日や金額が書いてある領収書が絶対に必要になるので捨てずにちゃんと保管しておくようにしましょう。

 

 

【補償額最大300万円のショッピング保険付帯クレジットカード!】

セディナのゴールドカード


【備え3】クレジットカードのコンシェルジュをつければ中国旅行がより安心に!

コンシェルジュ

コンシェルジュサービスは24時間365日、日本語でサポートしてくれる。

海外旅行といっても慣れない土地でしかも言葉が通じないというのは結構怖いですし不便です。

 

しかし、作成するクレジットカードによっては24時間電話で現地のレジャー情報から航空チケットや病院の手配など色々と対応してくれるコンシェルジュサービスがつくので中国旅行の強い味方になります。

 

先程【備え1】で僕の中国での海外旅行保険の体験談を書きましたが、その時にも病院の手配などしてくれて色々手続きもしてくれて本当に助かりました。

 

クレジットカードのコンシェルジュは何をしてくれるの?

クレジットカードのコンシェルジュはホテルの予約や中国の気候、イベント、病院の手配など、基本的に頼めば何でもやってくれます。

 

日本語でのサポートや情報提供はあるのとないのとでは安心感が全然違いますのでコンシェルジュサービスがついているクレジットカードを契約する事をおすすめします。

 

いざという時のサポート体制が整っているので中国への旅がより一層楽しめます。

 

コンシェルジュサービスはほとんどの場合ゴールドカードからのサービス

 

クレジットカードのコンシェルジュサービスは基本的にゴールドカードからのサービスになります。
スタンダードタイプでもある所はありますが、サービスが制限されるのであまり使えた物ではありません。

 

ゴールドカードと言ってもセディナみたいに月換算500円というリーズナブルな価格で契約できる所もあるので中国の完全ガイドがついてさらに保険もついている事を考えればとても安いですね。

 

関連記事:セディナのゴールドカードは中国旅行のサポートが手厚い!

 

慣れない中国という国で何かあった場合、不安と恐怖に押しつぶされない為にもコンシェルジュは有った方がいいと思います。

 

【コンシェルジュサービスが受けられるおすすめのクレジットカードはこちら】

セディナのゴールドカード


【備え4】中国旅行で現金が突然必要になった時に便利!クレジットカードのキャッシング機能を比較!

キャッシング

キャッシング機能があれば現金が必要になった時便利!

中国滞在中によくあるのが突然現金が必要になるという事です。

 

中国って物価が安いのでついつい買いすぎてしまったりして手持ちの現金が少なくなるみたいな例ですね。
あとは行ったお土産屋さんやタクシーなどがクレジットカード対応してなかったとかです。

 

そこで役立つのがクレジットカードのキャッシングです。

 

クレジットカードのキャッシングはATMで引き出す事ができるので中国のコンビニなどで簡単に引き出す事ができます。

 

なのでいちいち空港などにいって両替してもらいに行かなくてもいいですし、両替所を探す事もしなくてよくなります。

 

日本だとキャッシングはあまり良いイメージが無いかもしれませんが、ちゃんと知識をつけて賢く使えばものすごく便利でお得な機能なんです。

 

 

 

キャッシングの手数料はすぐに返済すれば両替するよりも手数料がやすくなる。

空港や両替所で現金両替すると大体金額の10%が手数料としてもってかれます。

 

1万円だったら約1000円の手数料です。ものすごく高いですね;

 

それに対してキャッシングの手数料はどのくらいお得になるのかというと、セディナのクレジットカードの場合で例にしてみます。
セディナでキャッシングの年率は18%です。

 

中国のATMで1万円分の「元」を引き出すと31日後に返済すれば152円の手数料で済みます。

 

大体引き出し金額の1.5%です。普通に日本のATMで現金を引き出すのと大差ない手数料なんです。

 

関連記事:中国キャッシングがついていないクレジットカード会社もあるので注意!

 

しかし、海外キャッシングの場合は為替レートなんかもあるので実際はもうちょっと高くなるかもしれませんが、
10%もの手数料になるという事はまずありません。

 

また、繰り上げ返済という返済日をまたずに早期返済すればもっと安くなります。

 

キャッシング機能をつけたクレジットカードをもっていかないと現金が必要になった時、労力や資金的にとても損ですのでクレジットカードは必須ですね。

 

【キャッシング機能があるおすすめのクレジットカード】

セディナのゴールドカード


クレジットカードを比較して中国におすすめのクレジットカードを持っていけば中国旅行が一段と楽しく安全になる!

中国

 

クレジットカードはあなたの中国旅行を全面的にバックアップしてくれる存在です。
「自分は現金主義だから」といってクレジットカードを作成せずにいるとクレジットカードを作成して中国へもっていっている人に比べてリスクが高くなります。

 

海外旅行は何があるかわかりません。

 

心から楽しめるようにクレジットカードを作って中国へ旅立ちましょう!

 

セディナのゴールドカード